Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
<   2007年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧
Top▲
海釣りin久慈新港
昨日の予定通り、今日は「釣り」に行って来た。
場所は、久慈新港。

今日も秋晴れのとてもいい天気だったので、久慈までの遠い道のりもなんのその。
朝8時ちょっと過ぎに家を出て、久慈に到着は10時半前だった。

途中の釣具屋さんで餌を買い、ついでに釣果情報を聞いてみると、久慈新港では今「ちか」が良く連れているとのこと。
「今日も沢山の人で混んでるそうですよ~。」と教えてくれた。

実際行ってみると・・・・確かに混んでました(驚)。
e0012815_22123583.jpg

反対側の岸壁も人人・・・
これじゃ入るところがないんじゃない?って位のラッシュアワー。
それでもなんとか隅っこの方に場所を確保し、いざ、「釣るぞ~!」
釣れている「ちか」を見ると、結構大きいぞ。
きらきらと輝く魚体は15cmくらいありそうだ。

なんて、張り切って始めてみたが、実際に釣ってみると、期待とは裏腹に、釣具屋さんのおばさんが言っていたくらい、「釣れて釣れて!」じゃない。
しばらくじーっと待っていると、ちょうど飽きない程度の間隔で、ポチっと一匹釣れる。
また、暫ーくすると、一匹。
でも、不思議なことに、コンスタントに釣れている人は釣れているんだ。
けど、その隣にいても釣れない人は全然釣れない。
この違いが、やっぱり「ウデ」なんだろうか。
何が違うんだろうな。
教えてくれないかな。


てな感じで、午前中は結局10匹足らずしか釣れなかった。
しかもオットと私の2人で。(っていうか、私はそのうちの小一時間、トイレに行くっていう名目でスーパージョイスに居ましたけど・・)

ずっとそんな状態で、ポチッ、ポチッとは釣れていたが、その釣果があまり芳しくなかったので、1時頃に一旦お昼ご飯を食べて、その後また気分一新で頑張ろうと言うことにした。
e0012815_2221713.jpg
今日のお昼は、カップラとおにぎりといなり寿司とかんぴょう巻きよ♪


よし!腹もいっぱいになったし、今度こそどんどん釣るぞ~!と張り切って再開したが、午後は午前中にも増して、またまた釣れなくなってしまった。
そこに魚は見えるのに、見える魚はやっぱり釣れない(涙)。
e0012815_22275499.jpg

この頃になると、午前中よく釣れていた周りの釣り名人っぽいおじさんたちにも、全くあたりがなくなって、周囲は「しーん・・・」とした雰囲気。
みんな次の釣れてくる時間帯を待っているのだが、さっぱり釣れないまま、とうとう日が傾いてきた。
そうこうしているうちに、1人帰り、2人帰り・・・・。
気がつくと、私たちの周りで釣っているのは、私たち2人だけになっていた。
あとはみんな帰り支度か、冷やかしで見に来た人か、若しくは子供連れで遊んでいる人ばかり。
しょうがないので、私たちもとうとう諦めて竿を片付けた。
夕方5時、辺りはもう薄暗くなっていた。

結局、最終釣果は、
e0012815_22505839.jpg

「ちか」・・・14匹
「さば」のちっこいの・・・2匹
「何者か不明な魚」・・・・1匹
以上、17匹でした。

それにしても、今日の「ちか」は、超高級料理店に並ぶくらい高価な「ちか」となってしまった。
餌代、針代で2000円弱。
お昼ご飯、おやつ他もろもろで3000円位。
ガソリン代も結構・・・

5000円÷14匹=357円!

この1匹357円の高級魚「ちか」は、来週、娘夫婦が里帰り出産で帰省するので、その時に食べさせたい!という、オットの希望から、背開きにされて、今、冷凍庫に納まっている。
美味しい天ぷらにでもして、食べさせてあげよう。

e0012815_22431695.jpg
100匹釣るぞ~!と張り切っているオット。
e0012815_22444926.jpg
そんな気持ちを知ってか知らずか、波間に漂う「うみねこ」
e0012815_2249228.jpg
そして、そんな私たちをやさしく見守る「秋の空」。



今日の反省。
釣りはやっぱり「朝早く」だ。
夜明けから午前中いっぱいが勝負ってことだ。
ということで、次回からは朝早くに、若しくは前日の夜中から・・・と、一応決心した。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-29 23:24 | 日々の出来事
秋本番になってきたよ♪
ああ、やっと明日はお休みだ!と思うと、寝たくない私。
今夜もこんな時間となりました。

ところで、この頃めっきり朝晩寒くなりましたね。
今日も、寝っころがってテレビを見ていたら足が冷たくて、思わずストーブに今年始めての火を入れてしまおうかと思ったほどです。
会社帰りの車では、初!ヒーターONしちゃった。
これからどんどん秋が深まって、紅葉のいい季節になります。

そんな明日、東北地方は全体的にいい天気のようなので、またまたどこかへ行きたくなった私。
もしかして、釣りかな?なんて思っていますが、どうなることやら。
無計画の行き当たりばったりなので、明日にならなければ分かりません。
ミステリーツアーです。


お腹の大きくなった娘から今日電話がありました。
そろそろ里帰り出産のため、帰省するよ~!というもの。
月日の経つのは何と早いこと。
もうすぐ、生まれます。
本当に生まれます。
まだ現実的じゃない私たちじじばばは、娘が帰ってきてからじわじわと実感するんでしょね。

何にせよ、無事の出産を願います。

神社でお守りでも貰ってこようかとも考えていますが、我が家は何となく雰囲気的に仏教一本やりっぽいので、神社のお守りを貰ってきたら神様と仏様が喧嘩しやしないかとちょっと心配なので、お守りは心の中に持っておくことにしました。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-28 23:39 | 日々の出来事
電車に乗って出かけたわけ
さて、なぜ片道500円もの電車賃を払ってまで、わざわざ電車で盛岡に出かけたか?というお話です。


「いしがきミュージックフェス」を全く見もせず、公園を出たあと、実はこれが本来の目的だと2人とも密かに思っていた「夕ご飯」を食べに、どこかのお店に入ることにした。
(夕ご飯っていうか、晩酌・・・?)

久しぶりに、大通りをぶらぶらとゆっくり歩きながら、盛岡駅方向へ戻ると、なんだか観光客気分♪。
普段は車でぶ~んと通りすぎるだけの大通りだが、ゆっくり歩いてみると、何だかとても楽しい。
「ここって、昔は○○って店だったよね。」とか、「へ~、こんな店もあるんだね~」とか、なんだかプチ観光旅行をしているようだ。

こうして改めて見ると、大通りもなかなかおしゃれなお店がありますよ。
いつも郊外の大きな店舗にしか行かないけど、大通りも捨てたもんじゃないなと、ちょっと見直しましたよ。

なんて言いながらぶらぶらした結果、入ったお店が
「日本海庄や」
というお店。

カウンターの中に、ちゃんとネクタイを締めた板前さんが3人もいる、ちょっと高級そうな店構えだ。
女将さんみたいな着物を着た女性の人もいた。

そんな高級そうなお店は、お通しもちょっと高級そう。
e0012815_22234157.jpg

奥の小鉢は「ねぎとろ」で、味見してくださいとサービスしてくれたそうだ。

まるで、ほら貝かと見間違うほどの大きな貝殻に入った「つぶ貝の刺身」
e0012815_22281092.jpg
こりこりしていて、とっても美味しかった。

この他に、「かんぱちのカマ焼き」と「納豆と三つ葉の落とし揚げ」を注文。
生ビールを飲み、会計は2人で3500円くらいだった。
意外と安かったかも。


その後も、ぶらぶら駅方面へ歩く。
開運橋たもとの「おもちゃのこじま」を発見。
この店は、すごく昔からある店で、外観は今も全く変わっていない。
昔はまるで「おもちゃ屋さん」とは言えないような、かなりマニアックなものが売られていた。
今も変わりないんだろうか?と気になり、ちょっと入ってみた。
しかし、店の作りはそのままだったが、売られているものはほぼ、「パーティーグッズ」だった。
ちょっとがっかり(涙)
昔のような、化け物のお面とかあるかと思ったのに・・・・。


さっきのお店で、ご飯らしきものを食べていなかったので、腹八分目だった2人。
どこかで軽く主食になるものを食べたいと思い、駅前の「ぴょんぴょん舎」で冷麺を食べることにした。
e0012815_22392670.jpg

う~~ん、これぞ盛岡の味!

ここで止めておけば良かったんだ。
ところが、「冷麺」と言ったら「焼肉」でしょう!と、つい調子に乗りすぎたんだ。
e0012815_22424593.jpg

↑こんなものや、あんなものや、泡の出るビンまで注文したもんだから、結局また食べすぎ!
マジで、もうダメかと思ったほどだ。


その後また、2人で1000円の電車賃を払って、いわて銀河鉄道に乗って帰ってきましたとさ。
e0012815_22453217.jpg



今夜は「十五夜」。
十五夜の月は、こんな月。
e0012815_22463783.jpg

[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-25 22:50 | 食べたもの
いしがきミュージックフェスティバル
昨日、盛岡市のあちこちにステージを作り、「いしがきミュージックフェスティバル」なるものが行われた。

私は仕事が休みじゃなかったので、見に行くのは諦めてまじめにお仕事をしていたら、オットから「いしがき 夜8時までやってるらしいよ」とメールが来た。

こんなメールをくれるなんて、こりゃ、ちょっと行って見たい気持ちがあるんだな?
それで私に探りを入れてきたんだろう。

私もちょっとだけ興味があったので、仕事を5時15分の超定時で終わって帰って、6時前の電車に乗って2人で出かけた。


盛岡駅前の滝の広場や、菜園カワトク前やモスビル前でもサテライトステージでの演奏が聴けるということだったが、盛岡に着いた時にはもうその場所は「片付け作業」の真っ最中。
どうやら、8時までというのは「盛岡城址公園」のメインステージのみだったらしい。

とりあえず、どこまで乗っても100円の、市内循環バス「でんでんむし」に乗って公園下まで行ってみた。

盛岡城址公園とその名称を変更した岩手公園は、石垣がライトアップされていてとても幻想的。
e0012815_2141941.jpg

その中からは、演奏の音がかすかに聞こえてくる。
入り口のスタッフが公園に入るみんなにゴミ袋を配っている。
ゴミはこれに入れてくださいってことか?
それとも、これをお尻に敷いて座って見てくださいってことか?
と、意味は分からなかったがくれるものは何でも貰って、公園内に入り坂を上った。
真ん中の広場スペースが、メインステージになっている模様。
しかし、そこに入るには「入場料3150円」が必要となる。
夜8時までやっているとは言え、その時の時間がもう7時近く。
これから3150円払って入るのはちょっと勿体無ない。
それに、実は全然知らないアーティスト達が出演しているのだから。

ということで、わざわざ出かけたにも拘らず、結局そのままUターンして、公園を後にした。
e0012815_2139110.jpg
こちらは、「立ち入り禁止」のテープが張ってある場所だったにも拘らず、暗闇に隠れてそっと入り、そっと写したステージの模様。
何が何だかじぇんじぇん分かりません。


第一回目ということもあり、まだまだ知名度もなく手探りでの開催だったかもしれないが、若者達が自分達の手で「盛岡」という街を盛り上げようとする気持ちはとても素晴らしいと思う。
結果がどうだったかは別にして、今後も続けていってもらいたいなと思う。

そして私も仕事が休みの時には、一日ゆっくりあちこちのステージをのぞいて歩いて、盛岡の街を楽しみたいと思うのだった。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-25 22:07 | 日々の出来事
カメラに夢中な秋晴れの一日
またまた世間的には3連休のど真ん中の日曜日に、こんばんわ。

9月、10月って3連休が多いのね。
でも、「そんなの関係ねぇ~~!」・・・・失礼(汗)。壊れるところです。

ワタクシは、昨日も仕事で明日も仕事。
つまり休みは今日一日だけだ。
世間のみなさま、いいですね。
今頃どこか行楽にでも行っているんですかね~。(かなりふてくされた態度であります)。
明日、休みたい。
本気で休みたい。
ISHIGAKIフェスティバル見に行きたい。(涙)



そんな今日は、朝から秋晴れのいい天気だった。
お天気がいいと、俄然やる気がでる。
溜まりにたまった洗濯物を次から次から片付けて、ついでにシーツやらタオルケットやら大物も洗って、ついには干すところがなくなってしまった。

シーツを洗ったついでに布団も干した。
一日いっぱいいい天気だったので、夕方取り込んだ時には、お日様のいいにおいがした。
今夜はいつにも増してぐっすり眠れそうだ。


ところで、カメラの話の続きだが、先日以来、メーカーサイトや皆さんの書いているブログなどをいろいろまわり、上手なデジカメの撮り方なるものを私なりに勉強してみた。
カメラが故障なのか私の撮り方が間違っているのか、今の段階では私に分かる術はないが、とりあえず撮り方で修正できるものはしてみよう、という魂胆だ。

今日、外はいいお天気だったので、カメラの設定をマニュアルの「晴れ」に設定し、半押しでピントを合わせる位置をあちこち変えて、画面の明るさも調整してみた。
そして撮った渾身の一枚がこちら↓
e0012815_22131588.jpg

どうでしょう、まあまあですか?
ズームして確認したけど、ピントもあってるように見える。
明るさとかノイズとか、何とかかんとか・・・・いろいろな専門的なことは分からないけど、とりあえずピントはあってると思う。
やっぱり、撮り方にもいろいろ問題があったかも。
一度パチッと撮っただけじゃ、いい写真は撮れないのかな?とか。
今日のこの写真も、同じ構図で、設定やオートフォーカスの位置を何度も変えて確認しながら撮った中で、一番いいかな?っていう一枚だからね。
だから、旅行なんかのスナップ写真がイマイチの出来になっちゃうのも、ある程度はしょうがないのかもしれないと思った。
デジカメの最大の利点は、上手くいかなかったら消して何度でも撮り直しが効くってことだから、旅行のときも撮ったらその出来を確認して、ダメだったら再度撮る!っていうことをすれば、帰ってきてからの写真整理の時にガックリ!ってことにならずに済むかもね。


後は、曇りの日にどうかってことだ。
これも、いつかテストしてみよう。

なんだかこうやってカメラのことに一生懸命になっていると、せっかくコンパクトカメラでもいいかな?って道を見つけ出せそうなのに、反対に、「一眼レフだったらもっと面白いかな?」なんて誘惑の言葉も浮かんでくる。
でも、何がきっかけになってどんな趣味に走るかなんて誰にも分からないから、今のこの私の状況から、「趣味は写真撮影です♪」なんてことにならないとも限らない。
それはそれで、老後の楽しみになって、いいことだ。

だた、心配なのは「熱しやすくて冷めやすい」と自他共に認める私の性格。
だから、このカメラへの興味も、まあ・・・・今週いっぱい持つかどうか・・・・
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-23 22:55 | 日々の出来事
お気軽バーベキュー用具
以前に撮った写真を振り返ってみていたら、こんなのがありました。

大曲の花火を見に行った時の昼食用に買った、簡易コンロ。
使い捨てで確か500円くらいだったような。
e0012815_117295.jpg

この簡易コンロは、着火剤もついていて、燃料は昔懐かしい「まめ炭」です。
一時間以上、ちょうどいい加減の火力で燃えてくれます。


スーパーでは少人数バーベキュー用の野菜が真空パックで売っていました。
これで野菜不足も解消できます。(真ん中に乗って焼かれているのは、焼き鳥皮です)
e0012815_1175464.jpg



どちらも消費者の気持ちをグッとつかむ事請け合いのグッドアイディア商品ですね。
文明の利器ってすばらしい!
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-22 23:16 | 日々の出来事
一眼とコンデジ
ブログに写真を貼り付けて、その日の記録を残しておきたい!
いつも持ち歩いて、ちょっと気になったものはすぐ写真に撮って残しておきたい!
そのためには、持ち歩きやすさを一番に考えて、小さなカメラが欲しい!
と、そう考えて今のコンパクトデジカメを買ったのが確か一昨年か?

最初のうちは、このカメラに大満足していて、いつも持ち歩いていた。
旅行にもいつも持って行って、沢山の写真を撮った。

しかし・・・・
この頃・・・・


どうも、このカメラの性能に疑問を持ち始めた私。
せっかく撮った写真のほとんどがピンボケだったりするんだ。
撮っても撮っても、どうしてもピンボケになってしまうんだ。
だから、せっかく旅行の思い出の大事な写真なのに、そのほとんどがイマイチの写りという非常に残念な結果になってしまうんだ。


カメラの操作にド素人の私なので、いつも「オート」で撮る。
そりゃ、「半押し」ぐらいは知ってるから、いつも慎重に被写体に向けて「半押し」をしてから、カシャってシャッターを押している。
なのに、ピンボケなんだ!(笑)
何度も何度も同じものを、ピンボケにならないようにと撮り直しても、それでもボケる時には何度でもボケる。
慎重に撮ってもボケる。
明るい外で撮ってもボケる。
近くのものはマクロ設定にして、半押しにして、それでもボケる。


「オート」って言うのは、私のような素人でも上手に撮れるっていう機能だよね。
このオートでもうまくいかないっていうのは、そんなに私の撮り方が悪いのか、それともやっぱりカメラのどこかが故障したのか。


そうこうしているうちに、だんだんこのカメラに対する愛情がなくなってきたのだ(笑)。
新しいカメラが欲しくなってきた。
それも、「今度は一眼か?」・・なんて、危ない考えが心をかすめる今日この頃。
コンデジでも上手く取れないド素人の私が、一眼を持ってどうする?ってことだけど、ちょっと憧れるよね。


素朴な疑問。
一眼って、ピントも絞りも露出(?)も、全部自分であわせるんですか?
一眼のオートってのもあるんですか?
一眼でオートで撮るバカはいないだろ!って言われますか?
っていうか、まとめると、
「一眼」と「コンデジ」の決定的違いは何ですか?ってことです。


・・・・やっぱり、私、コンデジで十分ですね。
いや、コンデジでも使いこなせてません(涙)
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-21 22:51 | 日々の出来事
結婚26周年!
ちょっと(だいぶ?)間が空きました。
一度休むと、糸がプツンと切れちゃったようになって、全くPCに触りたくなくなる気まぐれなワタクシです。


台風と低気圧が物凄い大暴れで、盛岡も岩手もあちらもこちらも大変でした。
被害の爪あとはまだまだ大きく残っているようですが、とりあえずこの辺は川の水位も通常に戻り、マンホールから溢れて噴き出していた大量の水も引いたようです。


さて先日、私たち夫婦は、めでたく(?)結婚26周年の記念日を向かえました。
25周年は「銀婚式」で、巷では何とかリングを貰ったりというイベントもあるそうですが(いや、ウチは全然何もありませんでした・・・・)。
26周年でも一応お祝いということで、食事へ行きました。


場所は、上堂の「かつ壱」。
言わずと知れたとんかつ屋さんです。

写真を撮ろうという気力が湧いてこなかった為、画像はなしですが、オットは「エビフライ丼とざるうどんセット」、私は「三種類のフライ定食」をチョイス。
(メニューの正式名称は不明です・・アシカラズ)


ここの「かつ壱」さん。
いつも思うのは、一食分の量が私たちにはちょっと多いということ。
私の三種のフライは、エビ2匹+ヒレかつ+チキンかつでしたが、最初にかぶりついたエビフライの段階で、もう「結構くるね」状態。
直径1,5cm、長さ15cm弱のそのエビフライは、揚げたてアツアツでとても美味しかったけど、それを2匹とヒレかつとチキンかつと大盛りの千切りキャベツとご飯と味噌汁と漬物の一式を食べ終わる頃には、もうお腹パンパン!
オットのエビフライ丼にも大きなエビが2匹ものっかっていたし、ざるうどんも普通盛り。
それに、煮物の小鉢と漬物、茶碗蒸しまで付いていたので、それらをたいらげたオットのお腹もパンパンで、「あら?メタボリック腹?」と見紛うほどに大変身!

基本的に私たち夫婦は(年を取って)少食なので、普通の外食は何を食べても「お腹いっぱい!」。

「もうちょっと量が少なくて、その分値段が安いといいのにね」と、勝手な感想を漏らしながら店を出た。


しかし、思い起こせばこの食事。
確か、結婚記念日のお祝いだったはずだ。
なのに、「おめでとう!」も「ありがとう!」も、「これからもヨロシクね!」も何もなく、ただ普通に食べ始めて、食べている間もほとんど会話もなく、食べ終わったらさっさと店を出る・・・と、何年も寄り添った夫婦らしいお食事会だった(笑)
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-20 21:33 | 食べたもの
一日中大雨だ~!
大雨の盛岡です。

今日一日、ずっと降っていた。
それも、一日中強い雨だった。
夕方4時頃には、もう夜かと思うほど真っ暗で、そして雨はザーザー降り続く。

いったいどうなっているんだ?この天気。


盛岡以外の地域もすごく降っているようで、ニュースで見ると秋田県がもっともっと降っているようだ。
川が氾濫して、避難勧告も出ているらしい。

日ごろ特に災害もなく平和な盛岡地方だが、この大雨であちこちで被害が出始めているようだ。「報道ステーション」でも古舘伊知郎さんが、盛岡の被害の状況を報道していた。
まだ明日まで降り続くようだから、これからもどんどん川は増水するんだろうな。
大変だな。
みなさん、どうぞお気を付けてください。


こんな大雨の日は、会社に来る運送屋さんもびしょ濡れになって来る。
ひさしのある場所での荷物の積み下ろしだったら楽勝なんだろうけど、そんな場所ばかりじゃ無いだろうから、頭からすっかり濡れねずみ状態になっていて、全く気の毒に見える。
それでも荷物の集配はいつもの時間に到着しないと、お客さんから遅いと催促されるだろうから、天気の悪い日は本当に大変だ。
今日は、高速も全部通行止めらしし、こんな時に長距離の荷物を時間通りに届けるのは至難の業だ。
受け取る私たちも、その事情はよく分かっているつもりだが、それでも「何時ごろ着くんでしょうね~?」と、ついついプレッシャーをかけてしまいたくなる。

実は、私の弟も宅急便屋さんのドライバーをしている。
だから、会社に来る運送屋さんが大変そうだと、
「弟も今頃大変な思いをして稼いでいるんだろうな。」とついつい思ってしまう。
今日のような雨降りの日だと、濡れて寒くて風邪でもひくんじゃないかと心配だ。
いい年をした立派な中年なのに、こんな離れた所で姉が心配してもどうにもならないが、何歳になっても弟は弟で姉は姉だ。

とりあえず、「健康で!」
お願いしますね。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-17 22:38 | 日々の出来事
車椅子専用だってば!
夕方から巣子のビッグハウスに恒例の一週間分の買出しに行った。
あいにくの小雨模様で、車もできれば入り口近くにおきたかったが、ちょうど夕方の買い物時間帯だったので、ちょっと離れた所しか空いていなかった。
しょうがなのでそこに車を停め、小走りで店に入った。
さて、買い物を済まし山盛りのカートを押して車まで戻る途中、ふと見ると、「車椅子専用駐車場」に一台の車が駐車していた。
しかしその車は、どう見ても車椅子の人の車じゃなさそうだ。
それでも正々堂々と停まっている。

こんな人の神経が分からない。

一番店から近い所でスペースも広いし、そこに停めれたらそりゃいいに決まっている。
誰だって、そこが一番いい場所だって知ってる。
でも、そこは身体の不自由な人が車を停める場所だ。
広く取ったスペースは、車椅子に乗り換えるための大事なスペースだ。
そこに車を停めた君!君だってそんなこと知ってるだろう?


ブ~ンと車を走らせて、店の一番近くまで行くと、車椅子専用駐車場が空いている。
おっ!ラッキー!  ・・・・  ってか?

信じられないな、こんな人。
お友達には絶対なりたくないな。


でも残念なことに、どこのお店に行っても、こんな光景はよく見かける。
どっこも悪そうにないガタイのいいにいちゃんがその車から降りてきたりする。
自分さえ良ければ、人のことなんかどうでもいいって思う人が沢山いるんだと思うと、腹立たしく悲しくなる。
こんな人には、何かお仕置きをしてもらいたいもんだ。
神様がちゃんと見ていて、頭の上からタライとか落っこちてくるとかさ。


「美しい国ニッポン」を作ろうとしていた安部総理大臣が辞任したけど、本当に「美しい国」を作れるのなら是非作ってもらいたかった。
自分の心から美しい気持ちをなくしたら、人間としておしまいだな。


庭のナナカマドの実が、あかーくなってきましたよ♪
e0012815_22145262.jpg

[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-16 22:21 | 日々の出来事
| ページトップ |