Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
カテゴリ:食べたもの( 100 )
Top▲
チョコ南部
先日来からテレビで「新発売!」とCMしていて、だいぶ気になっていたものがありました。

それを今日見つけたのでさっそく購入。
こちらです ↓
e0012815_2175715.jpg
南部せんべいの巖手屋が新しく売り出した「チョコ南部」というお菓子です。

チョコと南部せんべいが合体したらしいのですが、それがいったいどんなものなのか気になってしょうがありませんでした。
e0012815_21111530.jpg



さて中身は・・・・こんなでしたよ。
e0012815_21125135.jpg
南部せんべいが香ばしくて、ちょうどクランキーチョコのような感じです。


1個ずつ入った子袋が3袋入って150円ほどと、お値段はちょっとお高め。
10個入って500円ほどの箱入りもありましたよ。
普段のおやつとしてはちょっと高級だけど、お土産として持って行くには物足りないかな~?って感じです。
巖手屋さんがこれをどうやって売り出すか、これからの手腕が問われる、そんな岩手発新発売のお菓子でした~。
e0012815_21165644.jpg

[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2009-12-16 21:05 | 食べたもの
今日のお弁当
今月始めから働きだした息子のお弁当を毎朝作りはじめて早半月。
数年ぶりの本格的はお弁当作りに、最初の頃は
『お弁当ってどんなもの入れるっけ・・・?』だったのですが、
今のところ毎日どうにかこうにか作り続けております。

そこで、今朝は珍しくそのお弁当を激写してみました。
e0012815_23551557.jpg


一昨日まで、この白いご飯の上にもおかず(主に肉系)をど~ん!と乗っけていたんですが、
「ちょっと弁当多すぎ!」とチェックが入ってしまったので、昨日からは少し控えめです。
でも、私のお弁当の倍は入ります(笑)

ちなみに、私のはこちら↓
e0012815_23571141.jpg

アスパラのベーコン巻き巻きの本数で、そのお弁当の大きさを比較していただければよく分かるかと・・。

私のお弁当箱は、上から見るとさほど大きくないんですが、横から見ると高さが5cmくらいあります。
このお弁当箱に、縦におかずを詰めるので、私のも結構大盛り弁当です(汗)。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2009-03-16 23:49 | 食べたもの
福田パン
3連休も今日で終わり、明日からはまた仕事です。
でも、11日の水曜日は一時帰休4回目、木曜日出勤して、金曜日また帰休5回目で休み・・・と、だいぶ落ち着かない一週間になりそうな予感の今週です。

さて、私の3連休は、いつも通りのひきこもり生活して過ごしました。
だって出かけるとお金使っちゃうんだもの(涙)。
そう思うと、そろそろ行きたかった美容院も、あんなに大好きで通っていたイオンも、何だか行かなくてもいいやって気持ちになってしまいます。
こうしてどんどん消費が落ち込んで、世の中の会社はますます儲からなくて、不景気スパイラルはいつまでたっても終わらないということですよね。
あ~あ、宝くじ当たらないかな。買ってないけど・・・


そんな3連休の最終日、やっと外出したその行き先は巣子のビックハウス。
単なる食材の買い出しです。

そこで久しぶりに、盛岡のソウルフード『福田パン』に出会いました。
e0012815_20333864.jpg

福田パンは、盛岡の人ならほとんどの人が知っている(と思われる)パン屋さんです。
お店に行くと、大きなコッペパンに自分の好きなものをぬってもらうことが出来ます。
スーパーでもよく売っていて、美味しいのでよく買って食べます。

割ってみると中身はこんな感じ↓ これはホイップクリーム+モカクリームがぬってあります。 
e0012815_20352873.jpg


美味しいです。
ご飯食べた後のお腹いっぱいでも、どうしても食べたくなってしまう、そんな味です。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2009-02-08 20:39 | 食べたもの
日本一の前沢牛
本日の我が家の夕飯は、何と!
「前沢牛ハンバーグ」!!

前沢牛ですよ、前沢牛!(もう分かったって 笑)


しかし、この貧乏家族の我が家になぜ前沢牛がやってきたかと言えば・・・・

簡単です。
頂きものです。


去年の暮れに、オットが知り合いからとある理由で頂いてきて、「大事なとき(?)に食べよう!」と冷凍庫に仕舞われたままになっていたものです。

本当はお正月に出して食べようと思っていたのですが、ご馳走続きの毎日にすっかりその存在を忘れていました。

そこで今日いよいよ食べることにしたのですが、
しかしここで、重大な問題が・・


このハンバーグ、所謂「レトルト」になっていて、「焼けば食べれる~♪」という優れものだったのですが、如何せん、その数が・・・・
二人前のみ。
我が家は現在4人家族。
二人分のハンバーグを、いかに高級前沢牛だからとはいえ、大の大人が半分ずつって訳にも行きません。
そこで昨日、イオンの産直で、「岩手短角牛」のハンバーグを二人前買って来て、それらを半分ずつにして一人前にしようと計画しました。

さて、いよいよ焼きます。

まず、短角牛です。
これもランクとしてはそう低級という訳ではないと思われますが、焼いた感じは・・「パサパサして見えるぞ」。
肉汁とか油分はほとんど出てきません。フライパンにもくっつくし。
これに反して、その後に焼いた「前沢牛ハンバーグ」は、出るわ出るわ!
肉汁やら油やら、どんどん出てきて、フライパンに約1センチ程もたまるくらい。
ジュ~シ~!

この油、肉汁が何度も「日本一」に輝いた証なんでしょうかね。
食感もジュ~シ~!!
柔らか!

残念ながら、本日のハンバーグに関しては、「短角牛」は惨敗です。


いや、油っぽいのが苦手であっさりしたのがお好みの方にとっては、短角牛の方がお好きかも。

焼肉やステーキにすると、前沢牛は私にとってはだいぶヘビーです。
だからたぶん、焼き肉は「短角牛」の勝利でしょう。
ハンバーグは「前沢牛」でした。


息子が帰ってきて、今まで肉料理に全く重きを置いていなかった我が家の食卓が、ちょっと変わりつつあります。
暫くちゃんとした肉料理を作らなかった私は、肉を使ったメニューがさっぱり思い出せず、今日コンビニでこんな本を買ってきました。
e0012815_23592123.jpg

さっそく中を見てみると、
男子じゃなくても、母も喜ぶ美味しそうな料理が沢山載っていました。
見ているだけでお腹がすいてきました(笑)
こりゃ、ダイエットには大敵だ~。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2009-01-19 23:33 | 食べたもの
二戸市 中華そば『金次屋』
今日からお彼岸なので、今日はお墓参りに行ってきました。

まず、「ユートランド姫神」の中にある産直の売店でお墓にあげる花を購入。
花はスーパーとかで買うと異常に高いのですが、産直で買うと一束が200円ぐらいで、とてもお得です。
花は「産直で!」これが我が家の鉄則です。

まず、我が家のお墓にお参り。
午前中だったためか、まだ閑散としていましたね。

その後、実家の二戸のお墓まで行き、お参りしました。


さて、お墓参りも無事終了したので、ではどこかでお昼ご飯を食べようと言うことになりました。
そこで、入ったのが「金次屋」というラーメン屋さんです。

ここ『金次屋さん』は、創業が大正11年とのことで、ものすごく長い間みなさんに愛されているんだなとびっくりです。
私が高校生の頃(すごく昔)にも同じ場所に同じような店構えでそこにありました。
バスに乗るために学校から国道に下りて来ると、ちょうどバス停のすぐ近くにそのお店はあったので、お小遣いに余裕のあるとき(本当にたま~に)は、この金次屋さんに入ってラーメンを食べたものです。
ちなみに、余裕のないときには、通称「かど」という、今で言う「おやつショップ」みたいなお店に寄って、大学いもや焼きソバを食べたりしました。
あの頃は本当によく食べましたね。
お弁当は早弁してお昼はパンを買って食べ、部活後にそのおやつを食べて、家に帰ってからもしっかり夕食を食べる・・・って、一日何食食べてたんでしょうね。

ということで、大変懐かしいその金次屋さんは、店内をちょっと改装したらしく、昔に比べると広くなってちょっと小奇麗になっていました。
昔は、床が斜めだったのでテーブルも斜めになっていて、ラーメンの汁がどんぶりからこぼれそうな感じでしたからね。

肝心のラーメンのお味は?というと、おばあさんの手打ちという麺の食感が普通のラーメンと違っていてそこが特徴でしょうか?
スープはすごくしっかりした味。
オットが注文した「おにぎり」は、まん丸の手作り感あふれるものでした。


レジの機械もなく、会計の時にはお釣りをおばあさんがエプロンのポケットから出してくれました。
昔からの雰囲気をそのまま残す、懐かしい温かな気持ちになれるお店でした。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2008-09-20 21:34 | 食べたもの
天然鮎をいただきました。
またまた月曜日です。
一週間の過ぎるのは早いな~。

今朝の出勤前のあわただしい時間に、会社の友達から電話があリました。
めずらしい、なんだろう?と出てみると、

「鮎、いらない~?」

何でもだんな様が鮎釣りが大好きで、「7月の解禁と共に週末はほとんど鮎釣りに行ってしまう」とのことで、昨日も行って来たそうです。
そして大漁だったらしくて、そのおすそ分けという訳です。


今晩の夕食に早速塩焼きにしました。
天然鮎なんて生まれて初めていただきましたよ。

焼きあがるにつれて漂ってくるいい香り。
なんだかいつものしゃけや鯖やさんまの焼き魚とは確実に明らかに違う「香り」がします。
おいしそう・・・

味も香りと同様、爽やかでさっぱりとした香り高い上品なお味です。
とても美味しくて、10匹もいただいて3人で食べきれるかな?とちょっと心配しましたがあっという間に食べ進み、結局2匹だけ残してあとは全部食べました。
オットは知らないうちに4匹も食べていたようです。

こんな嬉しいおすそ分けならいつでも受け付けます。
いっぱい釣れて困った時はいつでも連絡お待ちしております♪
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2008-07-14 23:21 | 食べたもの
芳来の五目やきそば
久しぶりの青空がのぞいた今日の盛岡。
気温も上昇して、半袖で大丈夫でした。

そんな今日のお昼ご飯は、出前で「芳来」というお店の五目焼きそばにしました。
芳来は、渋民の中央病院の向かいの路地にありますが、ここの五目焼きそばが隠れた名品なのです。
知る人ぞ知るっていうこの五目焼きそばですが、土曜日のお昼なんかは、結構遠くからも食べに来る人達でお店は大繁盛しています。

何でも、油にラードを使っているとかいないとかかで、たまにすごく油っぽい時もありますが、それを除けば概ねとっても美味しいです。


しかし、この焼きそば、1つ難点があります。
それは、ボリュームがありすぎ!ってこと。
お店で出来たてを食べるとまだそうでもないのですが、出前でとってしかも12時45分からのお昼休みだと、焼きそばと言えども麺が汁を吸って、ノビノビでブワーンと膨れているのです。
しかも、あんかけでドロッとしている上に油っぽい!となると、これを一皿完食するのはかなり頑張らなければなりません。
あと少しってあたりで必ず、「ああ~、もう限界かも・・・」となってしまいますが、かといって、せっかく注文したのだから残すのはもったいないし、と結局最後まで頑張って完食してしまい、その後の余りのお腹の苦しさに、やっぱり残せばよかったと後悔してしまう・・・というパターンを毎回繰り返しています。
そうして、これを食べた日には、夕方遅くなっても全然お腹が空かないという事実も。
この一皿のカロリーは多分1000kカロリー近いかも?と、そりゃ恐ろしい食べ物ですが、でもその味を忘れられずに、たまに凄く食べたくなる、そんな「芳来の五目焼きそば」です。
皆さんも一度召し上がれ!。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2008-06-04 22:51 | 食べたもの
ハンバーグヘルパー
だいぶ前に、お隣のおじさんがうちのおばあちゃんの所に遊びに来たときに、なぜか持ってきてくれたものがあります。

それは、「ハンバーグヘルパー」という、お肉と混ぜるだけで簡単にハンバーグが作れちゃうという、超優れもの食材。

ずっと棚の隅にしまったまま使わずにいて古くなってきたので、今日これを使ってハンバーグを作ってみました。

1袋で4~5個のハンバーグが作れると書いてあります。
それは、見た目はパン粉。
匂いは結構スパイスたっぷりの刺激臭ですね。
それに牛乳をいれてふやかして、ひき肉をいれて混ぜてこねて丸めてフライパンで焼けばもうハンバーグの出来上がり!です。
超簡単。

そのままでは味にちょっと不安があったので、おろし醤油系のソースをかけて食べました。
結構美味しかったです。

ところで、「ハンバーグヘルパー」と聞いて思い出すのが、ずっと昔、私がまだ中学生位の頃。
田舎の小さな村ではまだ「ハンバーグ」という食べ物に市民権がなかったころです。
実家の母親が、このハンバーグヘルパーをどこかで見つけてきて、説明書を見ながら、初めてハンバーグを作ってくれたのです。
その時の味がどんなだったかはもう忘れてしまいましたが、作った事のない料理に初めてチャレンジしてくれた母親のことを、この「ハンバーグヘルパー」を見ると思い出します。
あの時、母親がどんな気持ちで未知の食べ物「ハンバーグ」を作ってくれたんだろう?
きっと私たち4人の育ち盛りの子供達に食べさせたいと思って挑戦してくれたんだろうな~と考えると、心がちょっとだけ温かくなる思い出です。


この「ハンバーグヘルパー」
1箱に2袋入っていて、それを2箱も貰いました。
今日1袋使いましたが、あとまだ3袋も残っています。
1袋で4~5個のハンバーグができるので、あと15個のハンバーグが作れることになります。
この3袋を捨てることなく使い切ることができるんだろうか・・・と、内心では半ば諦め気味に横目で見ながら、美味しくいただきました。
ごちそうさま~。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2008-04-28 21:46 | 食べたもの
ホルモンの町化計画
玉山区の好摩駅の北側にある「とんちゃん食堂」というお店を営んでいたお母さんが、一ヶ月位前にお亡くなりになった。
うちのオットは、「とんちゃん食堂」のお持ち帰りホルモンの大ファンで、仕事帰りによく買ってきて家でホルモン鍋を作って食べていたが、お母さんが亡くなってしまったので、その後「とんちゃん食堂」は閉店したままだ。

ここ、玉山区には、「支所前食堂」という、超メジャーなホルモン屋さんがあって、ずっと遠くからでもお持ち帰りを買いに来る人がいると聞く。
その他にも、好摩にもホルモン定食を出してくれる食堂があるし、隣町の岩手町にも何件かあるらしい。
密かに「ホルモンの町」化計画もあると噂で聞いたこともある。


そんなこんなで、とんちゃん食堂のホルモンを食べることは出来なくなってしまったが、ある時、巣子のスーパーで、沼宮内のお肉屋さんが出している「ホルモン」を売っているのを見つけた。
それは、生のホルモンに醤油もろもろで味付けしたものがスープと一緒に袋に密封されて入っていて、家に買って帰ったら、キャベツと豆腐を適当に切って鍋に入れ、その上からそのホルモンをスープごとドバーっと入れちゃって、コトコト煮ればもう出来上がり!って、簡単なやつ。


とんちゃん食堂のじゃないけど、たまにホルモン鍋が食べたくなった時にはこれでOK!となった。
そして今夜も、そのホルモン鍋、食べました。
うまかったです。


しかし、「ホルモン鍋」と言えば、全国的には「博多や福岡のもつ鍋」が最もメジャーで、まさかこんな北国の田舎の町で、ホルモンが密かなブームとなっているなどとは誰も想像しないだろう。
「ホルモンの町」化計画・・・・・おもしろいので、ちょっと進めてもらいたいものだ。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2008-04-02 21:49 | 食べたもの
煮魚になった「ちか」。
今日から10月。
秋本番となった盛岡は、涼しいを通り越して「寒い寒い!」
今、今年始めてのストーブに火を入れた。
まったく、絶好の衣替え日和だった。


一昨日の土曜日。
久慈の海で「ちか釣り」をしてきたのだが、釣果はイマイチ。
一日かかってやっと14匹・・・と書いた。
その興奮も覚めやらぬ昨日、おばあちゃんの家に行ってみると、台所の流しにビニール袋に入った大量の「ちか」があった。

「これ、どうしたの?」と聞くと、親戚のおじちゃんたちが、私たちが「ちか」を釣ってきた話を聞いて、自分達も行って来たのだと言う。
場所は「宮古」に行ったらしいが、それにしても大量のその「ちか」。
これでもまだ半分以上は自分の家にあるということなので、どんだけ釣れたんだ。

私たちは一日かかっても、たった14匹しか釣れなかったのに、おじちゃんたちは数時間でその何倍もの漁獲高をあげたらしい。

・・・・なんだかなあ~(汗)・・・・

これが実力の差か!
などど、ちょっと捻くれた気持ちも頭をよぎったが、くれるという物はありがたくいただこう。
これで、数日分のおかず代が少なくて済むと思えば、ありがたいことだ。


ところで、今まで「ちか」は天ぷらにしかしたことが無かったが、貰った量が大量だったので、他の食べ方は無いものかと、試しに数匹「煮魚」にしてみた。
普通に、醤油、出汁、お酒でさっと煮付けて、煮魚完成!
おっと、ここで新発見!
煮汁に油が浮いているのだ。
白身の魚でさっぱりしているから、油っけなんて無いと思っていたけど、「ちか」にも油があったのね。
始めて知ったわ。
小さい体の割には骨がしっかりしているので、魚そのものにはほとんど食べる所が無かったが、しかしその少ししか無い貴重な身は、なかなか旨みがあっていい味だった。
冷凍で売っている安い煮魚用のカレイなんかより、よっぽど美味しかった。
これで、もう少し食べるところがあれば煮魚でもいけると思うのだが、如何せん食べるところがない(涙)。
惜しかったね。
もうちょっと大きかったら、立派な煮魚用食材になれたのにね。


ということで、煮魚になれなかった残りの「ちか」たちは、またまた開かれて冷凍庫に納まったのでした。

明日は娘達が帰ってくるので、この冷凍庫の「ちか」たちの出番です。
今度こそ天ぷらになって頂きましょう!
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-10-01 22:38 | 食べたもの
| ページトップ |