Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
ウォシュレットのお掃除
今日は水曜日ですね。
でも、私はもう何回目かも分からなくなってきた「一時帰休日」でお休みです。

さて、せっかくのお休みなのでたまには家のことでもやってみようかと気が向いて、トイレのお掃除にとりかかりました。
前から気になっていた「ウォシュレット」のノズルのお掃除。
先日、それ専用の洗浄剤を買って来ていたので、そいつを使ってみましょう。

まずは、ノズルを引き出して、洗浄剤をシュワ~っとかけます。
ちょっとかけただけで、ムクムクと泡がつきました。
そのまま5分くらい放置しておけばいい・・・・・と、説明には書いてあります。

・・・・

でも、この泡がついたままでいいのでしょうか?
説明には、その後洗い流すとか書いていません。
この泡はその後どうなるのでしょうか。
自然に消えて無くなるだろうと、それは分かるのですが、でも、泡は無くなっても洗浄剤は付いたままですよね。
そうすると、次にウォシュレットを使うときに、もしかしてその洗浄剤も水と一緒にシューって出てくるって事でしょうか?
ちょっとそれは嫌な感じですよね。

ということで、ウォシュレットの水を出して洗い流してしまおうと考えました。
でも、誰も座らないまま水を出したら、噴水のように噴出してきた水で当然その辺中水浸しですよね。
どうしよう・・・・?
と、ここで考え付いたのが、
「トイレのお掃除シート」なるものを水の出てくるところにかぶせて、そして水を出せばいいんじゃね?ということ。
これ、ナイスアイディアじゃね?

早速、シートを水の出てくる位置に広げて手で押さえ、ウォシュレットスイッチオン!

ところが、ウォシュレットの水圧って思ったよりも強いのです。
威勢のいいその水の勢いに、お掃除シートは瞬く間に破け去ってしまい、その後は噴水のように吹き出て来る水に、私もトイレ中も「水浸し」。
慌ててスイッチを切りましたが、その惨状には、もう笑うしかありませんでした。

その辺中にまき散らかした水を拭きながら、自分自身も水浸しで、しかもその水はトイレのウォシュレットから出てきた、お世辞にもキレイだとはいえない水なのに、もうそんなことにさえ考えが及ばないほどの衝撃的な出来事でした。


その後、凝りもせずどうしてもノズルを洗いたかった私は、「紙でダメなら、じゃあタオルだったらどうだ!」とばかりに、4つに折りたたんだタオルで同じように再挑戦。
今度こそタオルが外れたりしないようにギッチリ周りを押さえて、スイッチオン。

さすがタオルです。
破けません。
今度こそうまく行きました。
思う存分水を出して洗い流したノズルを眺めて、満足感に浸った私なのでした。


ところで気になるのは、正しいウォシュレットの洗い方です。
いったいどうするのが正しいんでしょうね。

 
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2009-02-25 22:50 | 日々の出来事
<< お得な出来事 | ページトップ | 春はまだちょっと遠い? >>