Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
心にいつも痞えている問題
今日は何だか疲れる一日でした。

実は1月の末に息子が動物病院の駐車場で車をぶつけられたのですが、息子も乗っていない駐車中の車にぶつけられたので、その時は相手側が「全部こちらで直しますから」という事で、警察も保険会社も呼ばずにその場で連絡先だけ聞いて別れてきたそうです。

ところがその後、修理の見積もりをとり、相手側にその旨を連絡した所、態度が一変。
「そもそも、あんたの車の停めた位置も悪かったんじゃないか?」とか、「人生長いこと生きてるけど、あれぐらいの傷でそんな高額な修理代がかかるなんて聞いたことがない」とか「修理代を上乗せしてふっかけてるんじゃないか」とか、そりゃもう、こちらとしてもムカつくことを連絡するたびに言われる状況が続いていました。
それでも、何とか「じゃあ、修理したらその請求書を送ってくれたらお金は払います」ってところまでこぎつけたのに、いざ修理をしてその請求書を送っても、ウンともスンとも連絡がありません。
しょうがないので、今日こちらから連絡したら、今度は「金がない!」と来たもんだ。
その上、息子のしゃべり方がが気に入らないようで、「いい気になるんじゃない!」とか「覚えておけ!」なんて、脅しにも取れるようなことまで言い出したのです。
そして、15日にならないとお金が入らないので、15日になったら払うから!と、まるで自分は悪くないような逆ギレ状態。
息子も、怒りたいのをグッと堪えてなるべく冷静にしゃべろうと努力したようですが、相手のその余りにも自分勝手な物言いに、もううんざりして、「じゃあ、15日になったら現金書留で送ってくれるってことでいいですね!」と電話を切ったようです。

本来なら、「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」の一言が最初にあってしかるべきですよね。
電話での何度かのやり取りの間中、一回も、「すみません」の一言もないそうです。
そんなの人間としておかしいと思いますよ、その人。


息子の車は修理が完了して、工場にあるのですが、相手がお金を払ってくれないと持って帰ってくることが出来ません。
でも、来月15日まで車を使えないのは、仕事にも行かなきゃならないし、何より自分の車がいつまで経っても自分の元に帰ってこないという事は、大きな心の痞えになります。
そこで、相手がお金を払ってくれるのを待っていてもラチがあかないと思い、今日支払いを済ませてとりあえず車を引き取ってきました。

でも、本当に15日になったらお金を払ってくれるのか、全く信用出来ません。
その時になっても、また「ああだこうだ」と文句を言って、結局払わないで逃げられそうな気がします。

そこで、意を決して「警察」へ相談に行って来ました。

駐在所のおまわりさんは、忙しい中、親切に話を聞いてくれて、一度は相手先と連絡をとってくれようとしたのですが、まだ、本当に払ってくれるのかどうか分からなかったので、直接の電話はちょっと待ってもらいました。
それに、「覚えておけよ!」なんて脅しじみたことを言われると、どんな人か分からないからちょっと不安です。
警察も、事故の届けをしていないってことは一番の義務違反だから、そこはお互いに落ち度があるし、確実な証拠が集められれば何とか方法もあるとは思うけど、という話でしたから、一応15日まで様子を見るという事で帰ってきました。

しかし、こちらは停まっている所に勝手にぶつかってこられた被害者なのに、何でこんなに嫌な思いを長い間何度も何度もしなければならないのか?と、非常に不満です。
出来れば修理代のほかに慰謝料も払って欲しいくらい、それくらい嫌な思いをしています。
息子も普段は声を荒げるような人間ではなのですが、その人と電話でしゃべるとムカムカと怒りがこみ上げるようです。
このまま泣き寝入りをするのもイヤだけど、でも余り大げさに事を荒立てるのも望んではいません。
とにかく、修理代を支払ってくれればもうそれでいいと思っています。

3月15日まで、あと約20日間。
それまでは、もうあまりそのことは考えずに心穏やかに過ごしたいと思いますが、その後どうなるか・・・・
全く、嫌なやつにかかわったもんです。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2009-02-22 22:47 | 日々の出来事
<< 春はまだちょっと遠い? | ページトップ | 大荒れの一日 >>