Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
迷子犬「雄」が病気です
一昨年の秋、警察署に「迷子犬」で保護されていたものを譲り受けて、我が家で飼うことになった、柴犬の「雄」。

去年の暮れまで、特に病気もせず、吠えたり暴れたりの迷惑を掛けることも無く暮らしてきました。
まあ、自分の犬小屋の床を引っかいて引っかいて、ついに床を壊してしまったり、おばあちゃんの家の網戸をがりがりやって穴をあけてしまったりと、それくらいのイタズラはしましたが、概ねいいおじいちゃん犬として暮らしていました。

ところが、その「雄」君。
実は今、病気です。
2週間ほど前から、身体が震え、後ろ足が思うように動かなくなってしまったのです。
先々週の土曜日に、近くの動物病院で見てもらった結果、「神経症でしょう」と言われ、薬を貰って帰ってきました。
その後、1~2日は回復傾向を見せたのですが、先週半ばからはまた同じような状態で、よくなる気配がありません。
それどころか、呼吸も苦しそうでご飯もまともに食べなくなってしまいました。

そこで、先週の土曜日。
今度は別の病院へ連れて行き、様々な検査をしてもらった結果、
なんと「心臓が悪い」とのことです。
それも、もうかなり悪い状態らしく、心臓がかなり肥大してしまっているらしいのです。
もともと心臓が弱かったらしく、本当はずっと薬を飲んでいなければならなかったらしいのですが、そんなことは全く知らなかったため、外犬として、雨の日も暑い真夏も、ただただ外の半分壊れたような小屋で暮らしていたのです。


薬を貰って帰ってきましたが、その薬を飲むことすら危険がともなうとのことで、そのリスクも承知の上で飲ませてくださいと言われました。

外に置いておくことももちろん出来ないため、急遽ケージを買って来て、家の中に置くことにしました。
今では、ご飯も一人では食べられず、口の所まで手で持って行ってやるとやっとの事で食べるという感じです。
それ以外は、ケージの隅に丸まってずっと寝ています。
あまりに動かないので、もしかして・・・・と思う程です。


人間だったら、こんな悪い状態になる前に気が付いて治療も出来たんだろうな。
苦しいんだろうな、何も言えない動物はかわいそうだな・・・と思います。

今は薬が効いて、少しでも元気を取り戻してもらいたいと、それだけを思っています。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2009-01-26 22:45 | 日々の出来事
<< 一番の寒い朝 | ページトップ | 乾燥注意報発令中 >>