Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
北海道 二日目
さてさて、北海道も2日目。
今日は、美しい丘で有名な「美瑛」から旭川方面へ車を走らせました。


夕べ私達が泊まったところは、こんな山の中にある十勝岳温泉の秘湯。↓
e0012815_211243.jpg

源泉かけ流しの露天風呂があり、お湯は無臭の赤い不透明なお湯です。
ちょっとぬるかったけど、すぐのぼせる私にはちょうどいい塩梅で、長湯してしまいました。


2日目のお天気も相変わらず「荒れ模様」。
e0012815_21143048.jpg

強い風と共に、時々ザーっと雨が降ってきます。

そんな中、美しい丘が一面に続く美瑛の町も雨に濡れていました。
花もほとんど終わっていましたが、辛うじて残っていたお花畑を激写!
e0012815_211825.jpg

e0012815_21181468.jpg

赤い花も紫も白い花もみんな「サルビア」でした。
丘の上に見える赤茶色のものは「ほうき草」?だったかな。


美しい丘と並んで、美瑛の売りは色々なコマーシャルで使われた「木」。
あちこちに「○○の木」という看板が立っています。
その中で、こちらは「ケンとメリーの木」。
e0012815_21225690.jpg

広々とした大地にすっくと立っているその凛とした姿は、うつくしい!!


北海道にはこの(ポプラ?)木があちこちに植えられていますが、本州ではあまり見かけませんよね。
「昔は、広ーい土地にぽつんぽつんとしか家がなくて、冬になって雪が降るとどこに家があるかわからなくなるから、目印にあの木を植えたんだよ。」とは、オット談。(もちろん想像)


さて、そんな美しい美瑛の町を通り抜け、次に向かったのが「旭山動物園」
美瑛からは車で1時間足らずでした。
e0012815_21313380.jpg

こちらは、「東門」。

ちなみに、旭山動物園には入り口が3箇所かありますが、動物園目指して走っていると最初に目に入るのが「西門に一番近い駐車場」という大きな看板と誘導係りの人たちです。
この看板は何箇所か立っていて、「あっ、ここに入ろうか。」という気持ちになってしまいますが、この誘導に引かれて入ってしまうと、そこは有料駐車場なのです。
この誘導を無視して、どんどん上に上がっていくと、広い「東門」の駐車場があって、ここは無料ですから、こちらを利用した方がお得ですね。(プチ情報)
(無料駐車場は正門のところにもあるらしいのです)

東門を入ると、そこは動物園の一番高い場所なので、旭川の町並も一望できます。
e0012815_21465050.jpg

動物達はみんな活き活きと暮らしているようです。
e0012815_21482632.jpg

e0012815_21484184.jpg


「チンパンジーの森」には子供チンパンジーちゃんや赤ちゃんを抱っこしたお母さんチンパンジー一家を見ることが出来ます。
e0012815_21504179.jpg

今年夏にオープンしたばかりの「オオカミの森」
e0012815_21515840.jpg

黒いオオカミさん達は、木の根っこに丸まって睡眠中でした。↓
e0012815_21532289.jpg
時々顔を上げてこちらを見ると、目がキラッと光って、すごくステキでした。
オオカミかっこいい!

「レッサーパンダの吊り橋」では、人間のすぐ頭の上の橋をレッサーパンダが歩いています。
橋の下の自分達を見つめている大勢の人間たちとカメラを眺めながら、「今日もいっぱいいるな~」とか思っているんでしょうかね。
e0012815_21554077.jpg


ぺんぎん館の「水中トンネル」から見上げると、ぺんぎんが空を飛んでいました。
e0012815_2158467.jpg


ほっきょくぐま館やあざらし館は大人気で、入り口に長い行列が出来ていました。
どの動物も展示方法を工夫して、とても楽しく見ることが出来るようになっています。
そして、いたる所にスタッフ手作りの案内板や説明があり、こんな大人気の動物園なのにアットホーム感あふれる園内。
この辺が大人気の源なのかな?と思います。


さて、動物園を堪能した後は、いよいよ最終目的地の札幌小樽方面へと向かうのですが、普通の高速を通るルートを止めて、何故か海沿いの道を走りたくなった私達。
旭川から日本海側の『留萌』に出てそのまま日本海沿いに小樽まで南下することにしました。
ところが、あいにくこの日は荒れ模様のお天気。
2時間程かけてやっと留萌に到着したのに、留萌はもの凄い大風。
日本海から吹きつけるもの凄く強い風で車のハンドルは取られるし、コンビニ寄ろうとしてもまともに歩くことも出来ないほどです。
e0012815_22135053.jpg

風車もぶんぶん回ってます(笑)。
もちろん楽しみにしていた”海”も大荒れ。
e0012815_22143715.jpg

e0012815_22144868.jpg


こんな大荒れの天気の中、夕方5時半頃にやっと小樽に到着したという、ちょっと疲れた2日目でした。


この後、札幌まで電車で出て、息子と久しぶりの対面。
炉ばた焼き屋さんで、飲んで食べて、焼きタラバがにまで食べて、3人で17,000円も使ってしまいました。
でも、楽しいことにお金を使うことは幸せなことだな、と思いました(笑)。


今日も、長い長い旅の話でしたが、明日も続きます(ペコリ)。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2008-10-14 22:36 | イベント&遊び
<< 北海道 三日目 いよいよ最終日 | ページトップ | 北海道 一日目 >>