Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
大曲花火見物報告
雨雨雨~~~~!の大曲から無事帰ってきました。

昨日の大曲は昼から本降りの雨がザーザーと降り続き、夕方花火が始まる頃に少し小降りになったので「こりゃ大丈夫かな?」と思いながら会場の河川敷に向かったのですが、花火が上がっている最中にもシトシト・・・たまにザーーー!と降り続き、結局今朝までずっと降っていました(涙)。

しかし、少々の雨でも花火は開催されるので、河川敷はいつも通り相変わらずのすごい見物客で大混雑でした。
私たちは毎年恒例のずっと端っこの人のあまりいないところで見ているので合羽を着て傘をさして小さい椅子に座って見物していたのでさほど雨に濡れなかったのですが、桟敷席やその周辺は、椅子も傘もダメのようです。
そうなると、雨の降っているところにべたっと座って、傘もささずに合羽1つに身を任せなければならず・・・・でしょうか?。
私たちと同じ駐車場に止まった観光バスのお客さんたちは、使い捨てのような薄いビニール合羽を羽織っただけで早々に会場へ向かいましたが、あれではずぶ濡れですよね。
18時50分から夜の部が始まるのですが、その人たちは18時半頃に続々とバスに戻ってきてしまいました。
寒いし雨に濡れながらの花火鑑賞には我慢できなかったんでしょうかね。
群馬県から来た人たちのようでしたが、本番の花火を見ずに帰ってきては、せっかくのツアーも台無しですね。



さて私たちはと言うと、第一関門の駐車場探しなのですが、偶然にもとてもよい場所に駐車することが出来ました。
そこは、通常は建設会社の駐車場なのですが、花火の日だけ『有料駐車場』として貸してくれるところでした。
田んぼに土を盛って簡易駐車場にしたところはたくさんあるのですが、昨日は大雨。
当然地面はどろどろのグチャグチャの模様です。
しかし私たちの入ったその駐車場は舗装されていたのでその心配は全くなし。
しかも、水道もトイレも完備。
写真正面に車がいっぱい写っている所が田んぼの簡易駐車場。手前の舗装したスペースが私たちが止めた所。↓
e0012815_2321067.jpg
しかも他の車がまだほとんど入っていなかったので、一番奥の広いスペースに停めて『その辺、自由に使っていいよ!』とのこと。
何てラッキー!。


しかもしかも、車の横にコンロを広げて昼食に焼肉をしていたら雨が落ちてきて、そしたら駐車場のおじさんが、車庫に入っていた軽トラを移動してくれて、『この中でやったらいいよ!』。
何と親切なおじさん。この駐車場に入って本当によかったわ。
e0012815_22591128.jpg
オットと二人で食べつくそうとしている大量の昼食食材・・・と、ビール。
e0012815_22594061.jpg
簡易コンロで焼かれた焼肉たち。なぜか「さざえ」も。


こうして私たちの花火見物は、雨には降られましたが概ね大成功の結果で終わることが出来たということです。
e0012815_2301292.jpg

e0012815_2303788.jpg


ところで今年の大曲の花火。
「創造花火」というそれぞれの花火屋さんで自由に創造した花火を競ってあげる花火なんですが、気のせいか雨のせいか、例年より迫力に欠けたような気がしたのは私だけでしょうか?
不景気の世の中ですから、花火屋さんも極力経済的な花火にスライドさせたのかな~?なんて一人で考えながら見物しました。
大会提供花火は相変わらずすごいですね。
規模が違いすぎです。
あまりにも沢山の花火が豪勢に上がるので、煙の量も半端じゃなくて、最後の方は煙に半分隠れて見えませんでした(笑)。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2008-08-24 23:22 | 日々の出来事
<< 戻ってきた庭にはまる日々 | ページトップ | 大曲花火 >>