Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
今日は雑木林庭の片付け
今朝、思いのほか予定より早い時間に目覚めてしまい、もう一回寝ようかとも思ったけど、せっかく目が覚めたんだからもったいないなと起きる事にした。

しかし、想定外の時間だったので「さて、何をしようか・・・」という感じ。
何かまだお腹もすかないし・・・と、庭に出て花に水をやったり、そう言えば買ってきたまま蒔かずにいた種を蒔こう!と思い立ち、寝癖のついた頭のまま庭いじりをしたりした。

その後、朝ごはんをゆっくり食べ終わってもまだ時間がいつもの休日より随分余る感じだ。

そうだな、じゃぁお昼の12時まで雑木林となっている庭の草取りでもちょっとやってみるか、と外に出ることにした。
ほんの軽い気持ちで、化粧もせず日焼け止めさえ塗らずに。
はだしのまま長靴をつっかけて・・・それくらい軽い気持ちで、「ちょっぴりね」と思って出た。


さて、庭に出てゆっくり見渡して見ると・・・「随分散らかってるな~」と思った。
「去年大量に切った木の枝がそのまま庭の隅に積み重なって盛り上がっているし、取った草も集めただけで片付いていない。まず、この枝と草をどうにかしなきゃな。」

と、始めたのが間違いだったんだ。


去年大量に剪定した枝から細い枝をバキッ!バキッ!と折って取り、太い幹だけになった枝を一箇所に集める。
折った細い枝はドラム缶を改造したゴミ焼き器に突っ込んで、どんどん燃やす。
火が強くなってきた所を見計らって、草の山を投入し、一緒に焼く。
白い煙がもの凄く出る。
逃げる。
落ち着いたらまた近づき枝を投入する。
ただひたすら、その繰り返し。
その時の気分はまるで、大量の内職の袋貼りを一枚ずつ片付けて行くような、一週間分溜めにためたシャツに一枚づつアイロンをかけていくような。
大きな大仏様に小さな金箔を一枚づつ貼っていくような、そんな地道な作業だ。
それにしても、いったいどれだけあるんだ?この枝よ。
いつになったら終わるんだ?


しかし、頑張りましたよ。
一応山盛りになった場所の枝を全部細い枝と幹に分別して、幹は一箇所にまとめて細い枝は燃やせるだけ燃やし、その場所の枯れた葉っぱをレイキで集めたら初めて地面が見えた。
何年ぶりかでその場所の地面を見たような気がする。



と、ここまでの作業でもう既に1時半を過ぎていた。
ああ、お昼ご飯も食べずにもうこんな時間だなんて。
はめていたゴム手袋にも穴が開き爪が真っ黒だし、靴下を履かずにはいていた長靴は汗でべとべとしている。
「ちょっとだけ」って思ったのに、これじゃ頑張りすぎだわ。

片付け作業はまだ半分も終わっていないけど、でも、もう限界。
A型の私としては、最後まできちんと片付けたかったんだけど、そこでやめました。
諦めました。


ということで、中途半端に片付いた庭を眺めて、それでも大量の枝の山をやっつけた達成感を感じて、一人でにやけている私です。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2008-06-15 23:24 | ガーデニング
<< ゴミ燃やしの日々 | ページトップ | 「岩手・宮城内陸地震」発生 >>