Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
牛乳飲みた~い!
昨日の日曜日は、玉山区恒例の「啄木マラソン」だった。
私は、子供達が小さい頃だから・・・12、3年前くらいに一度参加したことがある。
一番短いコースの3kmの部に参加したのだが、普段の運動不足がたたって、折り返し地点の手前の上り坂で息切れしてしまい、その後はほとんど歩き・・たまに小走り・・また歩き・・・で、やっとゴールした覚えがある。
その後、もう「走ろう!」という無謀な挑戦はきっぱりと諦め、村(その頃は玉山村だった)役場のお手伝いで、受付をやったりゴール地点の誘導をやったりと、何年かは啄木マラソンにかかわっていた。
でも、ここの所もう何年も、地元で行われる一大行事なのに、開催さえ忘れている。
今年は、会社の同僚が参加すると聞き、久しぶりに「ああ、そういえば啄木マラソンって言うのもあったな~」と懐かしく思い出した。

夕方、近くのスーパーに買い物に行くと、小学生らしい男の子が、マラソンに参加すると記念に貰えるTシャツを着て歩いていた。
背中に「啄木」のハンコがデザインされた、いい記念になりそうなTシャツ。
あのTシャツを貰うために、また参加申し込みをしても良いかな?なんて思った。
(たぶん走るのは、絶対無理だけど)


ところで、昨日、私は何年ぶりかで「牛乳」を飲んだ。
牛乳は嫌いではない。
っていうか、むしろ、スキ。
なのになぜ、何年も牛乳を飲んでいないのか?
牛乳はカルシュウムがいっぱいで、特に女性は「骨粗しょう症」の予防になるから、沢山飲んだほうがいいだろう。
私も、何年か前までは、毎日必ず、水代わりのように牛乳を飲んでいた。
それが、なぜ飲まなくなったのかと言えば、友人の一言だった。

友人・・・
「私さ、牛乳飲むとお腹の調子が悪くなってさ。だからあんまり牛乳飲まないんだよ。」

その、お腹の調子が悪くなるというその症状が、私のお腹の調子とまるで同じだった。
私はそれまで、私のお腹の調子があまり良くないのが牛乳のせいだなんてこれっぽっちも考えたことがなかった。
でも、その友人の言葉を聞いて、「ああ、私のこのお腹が変になるのは、牛乳のせいなんだ。」とその時に初めて気がついた。

それ以来、私は牛乳を飲むのをやめた。
そしたら、ほぼ毎日悩ませられていたお腹の調子がウソのようにすっかり良くなったから、やっぱり牛乳のせいだったんだとほぼ確信!

そしてそれからもう何年も牛乳は飲まなかった。


なのになぜ、昨日、突然また牛乳を飲んだのか?

おととい、「メイジ牛乳」の宅配の人が宣伝のためにおばあちゃんの家を訪れたらしい。
その時に、「宣伝だから」と言って、いろんな種類のメイジの製品が沢山入った袋を、2袋も置いていったとのこと。
私は、その1袋を貰ってきて冷蔵庫に入れていた。
その中に、牛乳があったのだ。
昨日の朝、トーストを焼き、さて、飲み物は何にしよう・・・と冷蔵庫を覗くと、そこには例の牛乳たちが並んでいた。

牛乳か・・・・
もう何年も飲んでいないな。
昔は確かにお腹の調子が悪くなったけど、もう何年も前のことだし。
体質は変わるって言うし、もしかしたら飲んでも大丈夫かもしれないな・・・

そして、私は牛乳を飲んだ。
それも、カルシュウム強化!なんて書いてある、超高級そうな牛乳だ。


結果は・・・
やっぱりダメでした。
飲んで1時間ぐらいたったあたりからお腹が痛くなり、せっかくの日曜なのに何もやる気が起きなくて、夕方まであっちにゴロゴロ、こっちにゴロゴロとしていた。
夕方4時頃になり、もうゴロゴロもタイムリミットだと、しょうがないので重い腰(腹?)を上げ、スーパーに買い物に行った。
でも、そこでもやっぱり・・・う~~痛いよ~~。

結局夜までお腹が痛くて、美味しそうだと思って買ってきた秋の味覚「梨」にも手が出ずじまいだった。


そんな私の横で、オットは毎日おいしそうに牛乳を飲んでいる。
ホントは私も牛乳を飲みたいんだ。
あの冷たい牛乳をゴクゴク飲むときのあの気持ちよさ。
なんで私の腹は牛乳を嫌うんだろう。
私はスキなのに・・・

牛乳飲みた~い(笑)。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-09-03 23:12 | 日々の出来事
<< 誕生日の贈り物 | ページトップ | オットの風呂好きと私の風呂嫌い >>