Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
大晴天で大成功の花火大会
行って来ました。
夏の恒例大イベント「大曲の花火」

雲ひとつない大晴天の中、快適なドライブで渋滞も市内に入ってからちょっと引っかかっただけ。
いつもの駐車場に今夜の寝場所を確保し、昼はビールとバーベキュー。
夜は花火を見ながらやっぱりビール。

堪能しました~!


今年は、景気がだいぶ回復したのか、企業提供の花火が沢山上がりましたよ。
打ち上げ場所のちょうど真上に月が出ていて、珍しい構図で花火鑑賞ができました。
まるで、月をめがけて尺球の花火を打ち上げているようにさえ見えました。


花火の写真は、全然上手く取れていないので、まあ軽く流して見てください。
e0012815_23583733.jpg


e0012815_003023.jpg


e0012815_013890.jpg

花火の丸の一番上の真ん中へんにある白い点が、「月」です。
わからないかな・・・?
見ている間にだんだん寒くなってきて、厚手のジャンバーが欲しいくらい。
それがなかったら、最高のコンディションでしたね。



e0012815_0123685.jpg

花火大会開催直前の、雄物川河川敷会場です。
ずーっと向こうまで見えている小さい粒々がみんなお客さんです。
e0012815_014781.jpg

キャンプ場ももう一杯!

いったいどこからこんなに人が集まってくるんだろうと思うくらいのひとひとひとひと・・・です。


終了後の帰りの車の列も、これまたすごいものでした。
1時間待っても、たった数メートルしか進まない状態。
私達の駐車場の前の通りは、市内方面も大曲インター方面も、長蛇の列。
e0012815_0173457.jpg

みなさん、お疲れ様でした。


翌朝、兵どもの夢の後の大曲市内は、ゴミの山でした。
ボランティアらしいお年寄りが、道路のゴミを拾い集めていましたが、やっぱり公共マナーを守らない人がいかに多いかと言うことを残念ながら、再確認させられました。これじゃ自販機でジュース買えないよ。
e0012815_010313.jpg





大曲の花火、駐車場は数年前に比べて数段その場所が増え、トイレつきで便利になりました。
でも、1つだけいただけないのは・・・・
河川敷会場のトイレ。

仮設トイレが沢山設置してあるのですが、あの人数では、どこへも足りない!
どこのトイレもそれこそ長蛇の列。
あれじゃ、お年寄りや子供達は我慢が出来ずに大変だと思います。
下手すると、トイレに並んでいる間に相当数の花火が上がっちゃうって事にもなりかねない、それくらい並んでいます。
その上、もっとイタダケナイのは、「ク○イ」こと。
あのアンモニア臭、目も鼻も体中も、ちょっと我慢できないものがありますね。
どこへ行っても快適な設備を望む日本人は、贅沢かもしれないけど、でも、あの「ト○レ」は、お願いだからどうにか改善してください!と声を大にして大曲市(今は大仙市)町さんに頼みたいほどです。

でも、一年に一度の大イベント。
大曲の沢山の人たちの情熱の結晶だと思います。
これからも毎年毎年、続けて欲しいと心から思います。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-08-26 23:51 | イベント&遊び
<< 室井管理官 現る! | ページトップ | 大曲花火大会 >>