Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
家を組み立てる。
近所のお宅が、家を新築するとの事で、一ヶ月位前から古い家を解体したり、新しい基礎を作ったりしていた。

そして今日、いよいよ新しい家が建ち始めることになったらしい。

朝起きると、その家の周りにはたくさんの作業者の人達の車が停まっていた。
そして、家を積んだトラックも。

その家は、最初から一部屋毎に箱型に作られた物を組み立てて作る工法とかで、見ているうちに、その組み立て作業が開始された。
高~いクレーンで一部屋毎吊り上げて、決められた場所に下ろしていく。
e0012815_22144992.jpg

その一部屋一部屋には、ドアがあったり、窓があったり、クローゼットらしき扉や、玄関の屋根もある。
それを慎重に下ろしていき、作業員の人たちはその組み立てに忙しそうに働いている。
e0012815_22193474.jpg

まるで、ブロックを組み立てているみたいで、見ているとなかなか面白い。
あっという間に家の外観が出来てくる。
すごいもんだ。
あまりに面白そうだったので、オットと私は思わず野次馬のように近くまで見に行ってしまった。
そしたら、隣の家の親子も垣根から顔をだして見物していた。
やっぱり、みんな興味津々だよね。


一階が組み立て終わった頃に私は出かけてしまい、帰ってきたのが午後3時半ごろだったが、その時にはもう、外から見たら「ほぼ完成!」していた。
e0012815_22233310.jpg


普通に建てると、柱立てから始まって、屋根をかけて、壁を張って、建具をつけて、それから家の中の作業に入って・・・・かな?
とにかく、柱立てから家の形が出来上がるまでには数週間かかるのに、この工法はあっという間に家ができる。
人っていろいろ考えるもんだね。

この工法と普通に建てるのとでは、どういうところが違うのかな?
コスト、時間、耐久性、その他もろもろ・・・
ちょっと疑問。
いつか気が向いたら調べてみようと思った(忘れなかったら)。


それにしても新築の様子は、見ていて楽しいものだ。
建主さんも、ずっとその作業を見守っていた。
きっと、嬉しくてたまらないんだろうな~って感じだった。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-06-09 22:45 | 日々の出来事
<< 暑い日々がやってきた! | ページトップ | 落ち着いてよく読むこと! >>