Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
生まれ変わって満一歳!
去年の今日、私は頭の手術をした。
新しい命を貰って、今日で満一歳になった。

去年の今頃は、手術後の痛みと吐き気と苦しみで、ただただもがき苦しんでいた。
今でも、あのときのことははっきりと思い出せる。
あんな苦しみもう二度とごめんだ、と言うくらい苦しい長い一晩だった。


あれから1年。
私にとってこの一年間の生活は、大げさかもしれないけど、心的外傷後ストレス障害 (PDSD)との戦いだったような気がする。
一昨年からの私の周囲で起こった様々な悪い出来事から始まって、最後は自分が死ぬかもしれないという病気にかかってしまったこと。
それによって傷ついた心が、身体の不調となって現れ、その不調にどう対処したらいいのかずっと悩まされてきた。


ちょうど更年期と重なったせいもあるだろうが、今まで自分の健康にはなかなか自信があったのに、ここ数年間で一気にその自信が崩れ去ってしまった。


ちょっと動悸がすると、「心臓が止まってしまうのではないか!」と余計に心配し、ちょっと息が苦しくなると、「このまま呼吸が出来なくなるのでは!」と不安に落ち込む。
夜寝るときに動悸がして息が苦しくなって、「このまま寝たら、朝死んでるかもしれない。」と何度眠れない夜を数えたか分からない。
頭痛もしかり。
腰痛もさえも、「腫瘍が転移してたりして・・・」なんて、途方もないことを考えて心配でたまらなくなる。
どこかへ旅行に行ったり、誰かと遊びに行ったりと、普段と違うことをしたときなどにその不安は顕著に現れる。
「こんな所で具合が悪くなったらどうしよう。みんなに迷惑や心配をかけてしまう。」
と考えてしまうからだ。
そう考えるから、また余計に具合が悪くなる。
まったく、困った一年間だった。


自分の心がこんなに弱かったなんて、今の今まで全く感じたことがなかったが、ここにきて痛烈に自分の弱さを感じる。


幸い、カウンセラー等の治療が必要なほど深刻な症状ではなかったし、実際の身体の不調も徐々にではあるが治まりつつある。

このまま、また以前のような健康な身体と心を取り戻して、まだまだ元気に生きて行きたいものだ。
せっかく新しく貰った命なのだから、大事に幸せに楽しく暮らして行けるように。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-05-22 22:13 | 病気のこと
<< ケチと太っ腹 | ページトップ | 運動会真っ盛り >>