Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
婦人消防協力隊の任務
すっかり春めいた気候になってきたここ盛岡。
昨日の日曜日はとても暖かで、外を歩けばあちこちで、庭の手入れをしたり、車を洗ったり、気
の早い人は車のタイヤ交換をしていた。

そんな中、私は”婦人消防協力隊”としてのお仕事をした。

ただいま「火災予防運動実施中」・・・らしい。
その活動の一環として、私たち婦人消防協力隊は「火の用心」と「救急119番を掛ける時の心構え」という内容のチラシとティッシュペーパーを各家庭のポストに入れて歩いたのだ。


「心構え」のチラシは、シール状になっていて、自分の名前や住所、誰が何で救急なのか等、もしもの事態でも慌てないように予めそのシールに書いて、電話のそばに貼っておいて下さいというもの。

「このシール、ずいぶんべったり貼らさりそうだな・・・こんなのその辺の壁に貼ったら、剥ぎたい時にきれいに剥がれないよ。自分の家じゃこんなの貼らないよな・・・。こんなものにお金使ってもったいないよな。マグネットとかにすればいいのに。でも、それだと余計にお金かかっちゃうな。」
などど、協力隊としては有るまじき事を考えながら、近所の家々に配布して歩いた。


が・・・

近所の家と言っても、ここ田舎の近所はなかなか遠い。
なるべく家が固まってあるところを狙って歩いたのだが、それでも5~60枚のチラシを全部配り終わるのに小一時間もかかってしまった。

家々のちょうど中間あたりの道路に車を止め、その周辺の家に配る。
車まで戻って少しだけ移動。
またその周辺の家に配る。
またまた車を移動。

・・・・・・・


この繰り返しだ。

春のポカポカ陽気の中、この作業は結構大変だった。
着ていたジャケットを脱ぎ捨ててブラウス一枚になりたかった。
いや、できればそのブラウスの袖をまくりたいほどだった。

普段、車の運転、もしくは椅子に腰掛けての仕事、もしくは社内をちょびっと歩く仕事以外何も動かない私にとって、久々の”運動”らしい運動だった。


婦人消防協力隊、任期が2年なので、今年3月で終了となる。
この2年間、いったい何を協力してきたのか自分でもさっぱり分からないが、とりあえず任務は完了だ。
協力隊のユニホームは、すごい水色のハッピすごいかっこいい帽子で、それを着て消防演習に参加しなければならない。
若い頃はそれがとてもイヤで、協力隊だけはやりたくない!と思っていたが、一昨年消防演習に行くとみんな同じ物を着ていて、「なんだ、心配していたほどイヤじゃないや」とか思ったものだ。

もう次はまわってこないだろう。
地区民としての任務も大変だ。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-03-05 22:27 | 日々の出来事
<< 冬は乾燥の季節、特に「鼻」が。 | ページトップ | じゃがいも”インカのめざめ” >>