Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
小樽のお店
いつも小樽に行くと必ず寄るお店

まず「昆布屋さん」
e0012815_22264041.jpg
「7日食べたら鏡をごらん」 というキャッチフレーズの 
『 利尻屋 みのや 』 

湯豆腐こんぶは、シコシコの歯ざわりがいくら煮てもずっと続く、ダシを取るだけではもったいない、食べる昆布です。
『となりのトトロとろろ』という「とろろこんぶ」もおすすめです。
何種類かありますが、『となりのトトロ』は、荒削りタイプで、こんぶの茎みたいなコリコリしたものが時々入っていて、それがおいしい。

お店に入ると、まず、 「 どうぞ、ゆっくりご覧ください。まず、お茶と味噌汁を召し上がって! 」と、お店で売っているこんぶのお茶ととろろこんぶの味噌汁を出してくれます。

結構リピーターさんが多いみたいです。


小樽倉庫No.1」という、ビアーレストランにもよく行きます。
e0012815_222953.jpg
お店内で作っているビールを飲むことができます。
3~4種類置いていて、たまに季節限定のものもあるようです。
e0012815_22292697.jpg

薄暗い店内には、無数のランプがさがっていて、夜になると、民族音楽のショーを見ながら、ローソクの灯りに照らされたテーブルで、ロマンチックに食事ができます。
そしてなぜか、夜、店員さんは仮面をかぶります?。
異次元的な雰囲気作りでしょうか。

お店のテラスからは、運河をのぞむこともできます。
e0012815_22294868.jpg


それから
「小樽ナニコレ貿易」
世界中の不思議な 「ナニコレ?」っていうものが、店内いっぱいに山盛りに並んでいます。

そして 「海鮮丼」を食べさせてくれるお店屋さん 『 ポセイ丼 』
すし屋通りの上の方の左側にあります。
海鮮丼やお寿司屋さんはたくさんありますが、このお店のは、少々小ぶりの丼ですが、お手ごろ価格で食べられます。
今回は行かなかったので、写真はありません。残念(涙)

最後はやっぱり 『 北一硝子 』
北一は、小樽に何軒もあって、それぞれ様々な硝子製品を、売っていたり展示したりしています。
まるで、硝子の美術館のようにきれいな店内です。
超高級製品から、私達にも手に入る小物までいろいろあります。
もちろんランプもいっぱい売っています。

我が家は「北一アウトレット」というお店でいつも買いますが、ほとんどわからないちょっとしたゆがみや、泡が入ってしまったものや、製造中止になる古いかたちの物などを、アウトレット価格で売っています。
ここはやっぱり、いつもすごい混雑ですね。
今回は、冷やっこ用のうつわ2個と、焼酎用のグラスと、小さなお皿を買いました。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2005-06-15 20:05 | イベント&遊び
<< 小樽ナニコレ貿易 | ページトップ | 小樽 >>