Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
出た!力ずく!
昨日のことになるが・・・

朝、いつも通り半開き状態の眠い目をこすりこすり、真冬の冷たい空気に晒された起き立ての身体をぶるっと震わせながら隣のおばあちゃん家に行き、寝ぼけた頭でやっとのことで考えたメニューを作り、やっとのことで詰め終えたお弁当。
私のと息子のと2つ。

さて、蓋をしよう。
まず息子のお弁当。

蓋の汁こぼれ防止パッキンは、汚れちゃうので毎回蓋からはずして洗っているから、蓋を閉める前にそれをはめなければならない。
これが、忙しい朝には結構手間なんだ。
急いで中途半端にパッキンが嵌っていると、蓋がなかなか閉まらない。

昨日もいつも通り、パッキンもなかなか嵌らなかったが、蓋もなかなか上手く閉まらなかった。
やっとのことで、息子の弁当完了。
次は私の。
パッキンを嵌める。
完璧にちゃんと嵌っていないが、まあ、こんなもんでいいか。
そして、いよいよ弁当に蓋をする。


・・・が、やっぱり上手く閉まらない。
弁当の上で、蓋を右や左や上下に微妙にずらしてみるが、どこで上手く閉まるのかいまいち分からない。
「もういいや、この辺だろう。」と思って、思い切って左右のストッパーを力ずくで締めてみた。
そしたら、”パキン!”と嫌な音が・・・・

あれ?どうした?
蓋が全く役立たずになってるぞ。
右側のストッパー、どうした?


という訳で、せっかく詰めたお弁当なのに、蓋のストッパーが壊れてしまったため蓋を閉めることが出来ず、途方にくれる私。
今更違う弁当箱に詰め替えるなんて、忙しいこの朝に絶対ムリ。


さてどうしたもんか、と固まっていたら、オットが弁当本体に蓋を重ね、その周りをラップで巻いて、その上から輪ゴムでとめてくれた。

これで持って行けるぞと・・・・・


確かにグッドアイディアだった。
おかげで、その弁当箱をお昼にみんなに見せて大笑いされて、おいしかった。(芸人か!)




ラップで巻いてくれて持っていけるめどがついたその後、オットがぼそっと言った。
「おまえ、こういうの得意だよな。力ずくで何かやって壊すの・・・」

ハイ。
確かにその通り。( ̄― ̄)ゞスマンスマン


息子の弁当箱の寿命も、そう長くはないかもしれない。
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2007-01-16 22:11 | 日々の出来事
<< 財政破綻の夕張で100万円のお... | ページトップ | 物欲止まらず! >>