Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
昨日も見た、今日も見た。「ハイド・アンド・シーク暗闇のかくれんぼ」「アルフィー」「ターミナル」
TSUTAYAさまの半額セールのおかげで、映画三昧のここ数日。
今日はトム・ハンクスの「ターミナル」を見た。

アメリカの空港に到着したばかりのトム演じる「ビクター・ナボルスキー」が、自国のクーデターのおかげでパスポートが無効になり、入国も出国も出来なくなってしまった。
そのまま空港内に住み続けること9ヶ月。
始めはろくに言葉も話せなかったナボルスキーが、友達を作り、仕事もし、恋の橋渡しも、そして自分の恋もした。
なぜ9ヶ月もの長い間、空港内で頑張れたのか?
それはある約束を果たすため・・・・・


ってな感じで物語りは進んでいく。
いつも通りのトムハンクスらしい、コメディー+ちょっとホロリのストーリー。
安心して見れる出来栄えだった。



夕べは「ハイドアンドシーク」と「アルフィー」を見た。

アルフィー」は、ジュード・ローさまが好きな人じゃなきゃ、
「何?この映画!」って思うかも。
最後まで見なかったので(30分位のところで、ハイドアンドシークに変えちゃった)何ともいえないが、普通の映画の作りとはだいぶ違うっぽかった。
あれは、1人でニヤニヤしながら「ジュード・ロー」さまだけを見る映画だ。


ハイド・アンド・シーク」は恐かったし面白かった。
ロバート・デ・ニーロの父親がいい演技してた。
娘役のダコタ・ファニングもすごい。
凄いし、恐すぎ!
そして、ラストは・・・・!!
「はぁ~~~~~!!」「そうだったの!!」
ストーリーも構成も映像的にもよく練られているし、私的には「☆4つ半!」付けてもいい位のものだった。
(どうだったら☆5つ付けるかもよく分かってはいない。あくまでも私のインスピレーション)


ところで、家で映画を見るたびに思うことは、
「大きなテレビが欲しいよ~!」
字幕派の私としては、今のテレビじゃ字幕の字が小さくて、テレビにグッと近づかないと見えないんだもの。
大きなきれいな画面で、コーヒー片手にソファーにゆったりとくつろぎながら見てみたいんだよ~。(悲)
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2006-11-24 23:19 | 日々の出来事
<< きれいな秋晴れと『初体験2つ』 | ページトップ | 映画を見る(レンタルで) >>