Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
臓器売買
ここ2、3日TVや新聞、ネットでも『臓器売買』のニュースが伝えられている。
このニュースを最初に聞いたとき、『 えっ!』っとビックリした。
それというもの、つい2日前まで読んでいた本が、
野沢尚の『リミット』というもの。
この本の内容が、正に「臓器売買」。
でも、本の方はニュースよりももっと凄まじいもので、「こんなことある訳ないじゃん!」と思って読んでいた。


中学の教師をしていた女が、教え子の男子とその彼女の三人で、タイの蛇頭と結託して、幼児を誘拐しその臓器を取り出して「売買」するという、現実では考えられないような内容のその本。
始めは東南アジアの孤児院にいる子供たちを連れ去り、その臓器を「売買」していたが、感染症の問題が出てきたので、「日本人の子供を誘拐して売りさばこう」と言うことになり、次々に子供たちを誘拐、蛇頭の船に乗せてタイまで運んで行って売ってしまう。
あるとき、1人の子供を誘拐したが、なぜかその時だけはそのまま売らないで「身代金」を要求する。
その金の受け渡し役に1人の婦人警官が指名された。
実はその婦人警官の息子も誘拐されていたのだ。
婦人警官は一度は身代金を奪われてしまうが、子供を取り戻したいという一心で、警察官の拳銃を奪い、その犯人たちと立ち向かう。
そして最後には・・・・・・


とまあこんな内容なのだが、『臓器』を取り出して売りさばくというくだりの表現があまりにもリアルで惨くて、「こんなこと有りえね~!」と思っていた。
ところが、読み終わったその翌日にニュースで、『臓器売買!』という言葉を聞いたので、思わず「えっ!」っとなって、心臓がドキッとしてしまった。

現実のニュースの方は、知り合いの腎臓を貰った代わりに謝礼を渡したというもので、本の内容ほど現実離れしたものではなかったのでちょっと安心したが、今の世の中、知らない所で何が行われているか分からない。
世間の一般人たちの想像もしない暗黒の世界で、もしかしたら・・・・
なんて考えると、ちょっと怖くなるニュースでした。


人気blogラインキングに参加しています。
よければポチッとお願いします↓
e0012815_0414421.gif
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2006-10-02 23:39 | 日々の出来事
<< ルームミラー | ページトップ | 免許書換えに行ってきた。 >>