Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
お盆玉
子供たちが小さい頃、お盆やお正月に実家に帰省すると、私の父親が、半年かけてためてくれた小銭を孫たちみんなに分けてくれたものだった。

コーヒーの瓶だったり、お酒の瓶だったり、色々な瓶に小銭をびっしりためていて、それを6個作っておいてくれるのだ。
孫の数は6人。
一人に一瓶ずつ好きな瓶を選ばせ、その後は全員で瓶から小銭を畳にぶちまけ、自分のお金の計算が始まる。
小銭ばかりだから、数えるのにも一苦労。
でも、その時間がまた楽しそうだった。


数え終わると、それぞれの金額発表!
一番多く入っていた瓶を選んだ子供は、一番得意げに金額を発表する。
(でも不思議とどの瓶にも、だいたい同じくらいの金額が上手に振り分けて入っていた。)
でも、誰も少ないからと言って文句も言わない。
自分の瓶に入っていた金額で、大満足。
大いに楽しんだ小銭のお小遣いだった。

子供たちは、お盆に貰うこの小遣いのことを「お盆玉」と言っていた。
楽しい楽しい思い出だ。

そしてこの後、迎え火を焚いて、夕ご飯もそこそこに花火を始める。
大奮発してかったたくさんの花火を、豪勢に打ち上げる。
楽しいお盆の恒例行事だった。


今では6人の孫たちも、1人は嫁に行き、3人は社会人として一人立ち。
高校生が2人・・・と、みんな大きくなってしまい、昔のような賑やかなお盆の風景はなくなってしまったが、その頃の思い出はまだみんなの胸にある。
そして、たぶんみんな懐かしがっていると思う。
もう暫くして、今度はその孫たちに子供が生まれたら、またあの楽しいお盆玉大会をぜひ開催してみたい。



が、しかし、そのためには誰かがお盆玉を貯めておかなければならない・・・・・か。
そうか。

まあ、まだ暫く先の話だから、そのうちには貯めれるようになるだろうと希望的観測をしておこう。
e0012815_2341204.jpg
大きくなった子供たち&親たち(at yumiko's wedding)


人気blogラインキングに参加しています。
よければポチッとお願いします↓
e0012815_0414421.gif
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2006-08-22 23:42 | 日々の出来事
<< 大渋滞 | ページトップ | ”ベンチャーズ”in 花巻 >>