Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
左利きの息子
今日、息子と娘の結婚式の写真を見ながらの会話。

息子:「あまりうまく撮れてないでしょ。」

私:「うん、人ごみの中で上手く撮るのって難しいよね。」

息子:「カメラってさ、右利きように出来てるから、左利きだと、”ここ!”って時になかなか上手く撮れないんだよね。」


なるほど。
息子は左利き。
そのために、私たち右利きにはまったく想像もつかない、いいろいろな不便があるらしい。


例えば、缶きり。
右利きの人は、缶に突き刺したらそのまま手前に引くけど、左利きの人は、左手で突き刺したあとは、向こう側に押すんだって。
あら~、そういえばそうよね。


ノートに字を書く時。
横書きは左利きにとっては書きづらいとの事。
自分の手でそれまで書いたところを隠してしまうので、書いているうちにだんだん斜めになってしまうから、横書きは不得意だって。
その上、書いたところを左手で擦るから、1時間の授業時間が終わる頃には、左手の小指の下横が、真っ黒になるんだって。

なるほどね~。


駅の自動改札。
左手で持っている切符を無理やり右の挿入口に入れなきゃならないって。
あー、考えてみるとそうだよねー。


そうやって考えると、世の中のおおよその仕組みが右利き用に出来ているから、左利きの人は結構不便を感じているんだろうね。
でも、たぶん90%以上の人が右利きだと思うから、誰もその不便を想像できないと思うし、例え何十年か先に、左利き用の仕組みが出来たとしても、それが世の中に出て広まるか?って言えば、そうでもないんだろうなと思う。
だって、左利きの人はやっぱり少数派だし、生まれながらに左利きだから、「そういうもんだ。」って生活しているらしいから。



そういう息子も、
「缶切りって、手前に引くもんだって事を、20才になって初めて知った。」 だって。



人気blogラインキングに参加しています。
よければポチッとお願いします↓
e0012815_0414421.gif
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2006-05-06 16:57 | 日々の出来事
<< 忘れ物にご注意を | ページトップ | 仙台八木山動物園への旅 >>