Top

今日はどんな一日かな?岩手の盛岡から日々の様子を綴ります。
by kokemomoj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
"ST-flower1" Skin by Animal Skin
『宮城県鎌先温泉 湯主・一條』
今日も、宮城県への一泊旅行の様子です。


気仙沼で「ふかひれ姿煮」を堪能した後は、高速道路をひたすら南へ走り白石へ。
「桜が咲いてるかな~?」と思って、白石城跡へ行ってみることにしました。

でも、残念なことに(っていうか、想像通り)白石城の桜はもうすっかり葉桜になっていたので、桜とお城の見学は取りやめ、一路本日の宿泊場所である、鎌先温泉「湯主・一條」へ向かいました。

田んぼの中の道をひたすら山の方へ向かって走っていくと、坂道を登った所に旅館の駐車場発見!
でも、ここに旅館はありません。
e0012815_22203634.jpg
ここに車を停めて旅館に電話をすると、お迎えの車が来てくれるのです。

なぜ旅館の前まで車で行かれないか?と言うと・・・・
e0012815_2221343.jpg
こんな狭い道を登った先の行き止まりの山のふもとに旅館があるからなのでした~。

道を上から見たところ。
e0012815_22223396.jpg
車一台がギリギリ通れるくらいしか道幅がありません。
そこには駐車場もないので、旅館の人が車で迎えに来てくれる、という訳です。


ホテルのロビーは大きな硝子張り。お迎えの車もすぐ目の前に見えます。
e0012815_2225582.jpg


e0012815_22294347.jpg
e0012815_22295789.jpg
美味しい濃茶と宮城名産「ずんだもち」でお迎えしてくれます。

歴史のある建物を昨年総リニューアルしたばかりなので、全館とても清潔で、純日本風な落ち着いた趣きがたっぷりです。
お部屋も、一部屋一部屋がとても広々しています。
ツインの洋室は床が板張りで、ドアを開けるとふわ~っと木の香りが漂ってきてとても気持ちがいいです。
お風呂やロビーなど共用施設はそれほど広くなくこじんまりしていますが、それもまたかえっていい感じです。
売店もこんな感じ。
e0012815_22354575.jpg
女性向けのかわいい小物などが置かれていましたよ。
こちらの客室は別館ですが、その向かい側に本館があります。


こちらがその本館↓
e0012815_2240629.jpg
この本館も「個室料亭」と銘打って、お客様の食事スペースとしてリニューアルしたそうです。
夜になると黄色い電気がともされ、これがまたなんとも幻想的な姿に。
e0012815_22403142.jpg
この景色、私達の心をがっちりひきつけて離しませんでした~(笑)。
6人までだとこちらの個室料亭で食事が出来たのですが、私達は7人の団体さん。
残念ながらこの本館の目の前の別館の部屋で、この本館を眺めつつ美味しい食事をいただきました。



密かなる高級感をかもし出しながらも、昔の湯治場の素朴さも残る気負わない雰囲気。
そして何よりも、施設全てが清潔で、従業員の方々の優しく細やかな心使いが温かく、本当に癒される場所でした~。


お料理もすごく美味しかったです。
写真をたっぷり撮ってきましたので、それもおいおいUPします~。

 
[PR]
Top▲ by kokemomoj | 2009-04-20 23:24 | イベント&遊び
<< 『湯主・一條』 お料理編 | ページトップ | 旅行第一日目「気仙沼の超高級食... >>